全国統一小学生テスト 1年生 2018年11月3日の成績表公開。全国の順位は?

こんにちは、管理人リリーです。

2018年11月3日に行われた、四谷大塚の「全国統一小学生テスト」小学一年生の娘が受けまして、昨日夫が四谷大塚に出向き、成績表を受け取ってきました。

受け取るときは特に予約等は必要なく、受験番号さえ分かればその場で返却してくれます。

我が娘の自己採点とは異なったのか?また偏差値はどうだったのか?そして全国の順位はどうだったのか?ここでこっそり公開します。

スポンサードリンク

全国統一小学生テスト 1年生 2018年11月3日の成績表公開。全国の順位は?

算数:140点/150点満点中 偏差値70.6
国語:144点/150点満点中 偏差値65.6

2教科:284点/300点満点中 偏差値69.9

初めての全国統一小学生テスト、難しかったとは言っていましたがびっくりするくらい良い数字をたたき出してくれました。自己採点と同じ点数でした。我が娘、ヤッタネ!

受け取りに行った夫も興奮気味で帰ってきて、買ってきてくれたお土産を皆でほおばりながら「これはすごいね~♪」と我が娘を褒め称えました。こういうのは親子で喜ばないとね!

やはり全国で34位は嬉しかったようで、寝る直前なのにハイテンションだった我が娘。そりゃテンション上がるよね!

今回間違えた問題はどれも正解率が低いものばかり。こういう問題で差がつきますよね、できた子は本当にすごい。

偏差値別順位都道府県別ランキングを見てみると、様々な偏差値の子がこの全国統一小学生テストを受けているんだなぁということがわかります。受けた方、成績表の裏もよくチェックしてみてくださいね。

今回1年生は全国で1万5千人が受験。学年が上がるごとにどんどん人数は増えていきます。

また、3年生あたりからは中学受験を意識しだした子たちが出てきます。Z会をメインに家庭学習している我が家がどこまで太刀打ちできるか?とても気になるところですね。

ただ、夫は色々考えることもあったのか、こんな発言もしていました。

このテストは四谷大塚だけでなく、四谷系以外の他塾の子も受けにくる。3年生からの決勝に行く子たちは各塾のトップクラスに間違いない。中学受験をする子たちの中でも、かなりずば抜けた才能の持ち主たち。

中学受験をする子たちは必死で勉強しているし、気合とやる気も違う。こんないい成績が取れるのは今のうちだけだと思う。

むしろ、家庭学習だけでこの子たちと張り合えるなら、きちんと塾や中学受験も考えてあげないといけない。

2教科の3年生までならなんとかなるかな~。理科社会が入ってくると暗記勝負になってくるから、塾通いしている子たちと戦えるかどうか

元塾講師らしい、冷静な分析ですね。


スポンサードリンク

今までの教育方針に自信がついた

全国統一小学生テストを受けたのは親ではなく子供ですが、今まで通信教育も習い事も「このまま続けていいんだろうか?」「このままでいいんだろうか?」とこっそり不安を持ちながら我が娘を励ましていました。

でも今回の結果を見て、今までやってきたことは無駄じゃなかったんだ、今のやり方が我が娘に合っているということかな、とポジティブに考えることができるようになりました。

もちろん今後娘が何かにつまづいたり自信を無くしてしまったときは教育方針を見直す必要がありますが、しばらくは今のままでコツコツ進めていこうと思います。

また、この全国統一小学生テスト用の対策は特に考えていませんが、Z会を一年先取りしている我が家は来年からもう理科と社会の勉強が始まります。Z会は良問ぞろいで夫婦ともに大変気に入っている通信教育なのですが、どうしても量は少なめで・・・。何か問題集をプラスしてあげないといけませんね。

ともあれ、我が娘も全国の小学生を意識することができましたし、親子でいい体験となった全国統一小学生テストでした。

関連記事はこちら。
>>全国統一小学生テスト 1年生 2018年11月3日の自己採点結果と娘の感想

>>全国統一小学生テストで小1娘が国語で間違えたのは、まさかのサービス問題

スポンサードリンク