図鑑 幼児向けのおすすめは?我が子が読み漁った本たちを紹介

こんにちは、管理人リリーです。

うちの子どもは昔から読書が大好き!親子のコミュニケーションとしても読書は大活躍してくれていますが、最近は図鑑もヒットしてくれて!

・・・静かだな~と思ったら図鑑を黙々と読んでいた!ということもしばしば。

ということで、今回は幼児向けの図鑑でおすすめなものをピックアップ!

幼児にどんな図鑑を買ったらいいかな?とお悩みの方の参考になれば幸いです。

図鑑 幼児向けのおすすめは?我が子が読み漁った本たちも紹介

小学館の子ども図鑑プレNEOシリーズ

文字もある程度読める子におすすめです。もちろん親の読み聞かせとしてチョイスするのもおすすめ!

我が子がこの図鑑に出会ったのは図書館でした。一番はじめに出会ったのは「ふしぎの図鑑」!

いきもの、しぜん、からだ、たべもの、せいかつなど、幼児が「どうして?なんで?」と思うようなふしぎが多数取り上げられています。

子どもに質問された時ってどうしていますか?

自分の知っていることだったら答えるパパママがほとんどでしょう。ですがそれが知らない疑問だったら?

「どうしてだろうね~?」とそのまま放置してしまうのはよくありません。子どもの「どうして?なんで?」は出来る限り答えを教えてあげるべきです。

この本は幼児が「どうして?」と不思議に思う、身近なものばかりが並べられています。それこそ、お子さまに質問されたことのあるふしぎもあるかも!?

また、そのふしぎと一緒にわかりやすく解説も載っているので、親が読んでいても楽しい^^

ふしぎの図鑑の他にもプレNEOシリーズはありますが、我が子の一番のヒットはこのふしぎの図鑑でしたね。(せいかつの図鑑にはあまりハマりませんでした^^;)

また、我が子はこのふしぎの図鑑のおかげで伝記に興味を持つようになりました。

関連記事>>日々の読書で思わぬ出会い!我が子が伝記を読むようになったきっかけ

小学館の図鑑 NEOポケット 植物

我が家で愛用中の図鑑、特に持ち運びに便利なのがこちらの「NEOポケットシリーズ」です。

我が家から幼稚園に行く道には、様々な植物があります。ガーデニングに凝っていらっしゃるおうちも多く、私も今の家に住んでから心を豊かにしてくれるお花の魅力に取りつかれています^^

ですが、その植物も「名前なんだっけ?」と思うことがしばしば。また、我が子にも聞かれたときに全然答えられない私・・・

植物のこの図鑑はそんな私にぴったりの図鑑でした。雑草も沢山載っているので、春のお出かけには重宝しました~。

近所でタチアオイが美しい季節になりました。もちろんこの図鑑にも載っています!

植物は身近な自然ですので、お子さまが気になる雑草やお花があったらぜひ調べてあげてくださいね。

プリキュアなど、子供が好きなものの図鑑

これはちょっと番外編・・・ですが、我が家では大変愛用した図鑑です。

我が子はプリキュアが大好き!3歳くらいに知って、それからはほぼ毎週欠かさず日曜日の朝はテレビをチェック!

まだひらがなもあまり読めない&カタカナは全然読めない状態でしたが、このプリキュア図鑑を読み漁るうちに、あっという間に文字を覚えてしまったという過去があります。

プリキュアではなくても、今は

・ポケットモンスター
・妖怪ウォッチ
・仮面ライダー
・アイカツスターズ!
・プリパラ

などなど、子供向けのアニメはたくさんありますよね。もし好きなアニメがお子さまにありましたら、ぜひキャラクター図鑑を買ってあげてください!

もちろん幼児向けにできているので、読みやすいし絵もたくさん入っているし!お出かけ時にも大変重宝しますよ。

電車の移動中によく読ませていました。ただの絵本を買うより情報量が半端ないので、繰り返し読んでいました。ありがたや~

好きなものがまた増えたら

今は本当に色んな図鑑が存在します。でも小学校高学年向けに作られている図鑑は、幼児には大変読みづらいし興味を持ちにくいです・・・

好きなものの図鑑からスタートしてみて、また好きなものが増えたら異なる図鑑や本を買ってあげる。これってとっても素敵なことだと思いませんか?

我が家は、そんないい循環が今できています^^「本は買いなよ!」と言ってくれる夫にも感謝。

以上、幼児向けの図鑑おすすめ記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする