かこさとしさんの絵本は伝統遊びを未来に伝える

こんにちは、管理人リリーです!

我が子が今月ハマっている絵本を紹介します。

「かこさとしあそびずかん はるのまき」

「かこさとしあそびずかん はるのまき」

かこさとしさんの絵本はすでに借りたことのある本が多いのですが、このあそびずかんは見たことがなく・・・!

なんと2014年に発行!かこさとしさんはまだまだ現役なのですね・・・!

春にぴったりの子供の遊び、そして暮らしなどを紹介しています。

今では外でこんな遊びしている子見たことない!けど、自分はやっていた!という懐かしい遊びまで^^

ゴムとびなんかはかなりやりましたね~(笑)

また、最近我が子が幼稚園で教えてもらってきた「花いちもんめ」も載っていたり。

折り紙も載っていたので、早速作ってみましたよ!カブト!

親子で大変楽しめる絵本でした。

また、この「はるのまき」以外にも、なつ、あき、ふゆのあそびずかんもあるとのことで、さっそく借りてきました♪

今の季節にぴったりな、「なつのまき」を今度ぜひ借りてきたいと思っています。

最後に

失われつつある子どもたちの遊びをわかりやすく伝えてくれる絵本です。

かこさとしさんは未来の親子に向けてこの日本古来の子どもの遊び方を伝えてくれているのですね。

ぜひ興味のある方、絵本をお手にとって見てくださいね。

本についての関連記事はこちら
>>図鑑 幼児向けのおすすめは?我が子が読み漁った本たちを紹介

>>日々の読書で思わぬ出会い!我が子が伝記を読むようになったきっかけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする