日々の読書で思わぬ出会い!我が子が伝記を読むようになったきっかけ

こんにちは、管理人リリーです。

5月も我が子との読書を楽しんでまいりました。冊数としてはかなり減ってしまっている・・・のですが、思わぬ出会いが!

今日は今現在5歳のわが子が伝記に興味を持ってくれたきっかけをお話します。

図書館で「図鑑」があることを知った

私たちが住む市の図書館は、「図鑑」を借りることを今月知り!早速借りてみたのが、このふしぎの図鑑。

これが我が子、大ヒットでした!

子どもが親に聞きそうな、一つ一つのふしぎを、見開き1ページにて解説してある図鑑です。

プレNEOシリーズということで、立ち位置としては「図鑑の一歩手前」なのでしょう。これも幼稚園年長の我が子にとっては大変読みやすいものだったようです。

「図鑑」が好きだとコスパが良い(笑)

ふしぎの図鑑、今は図書館から借りている状態なのですが、いずれは購入して我が家の本棚の一員に加えようと思っています。定価で3000円。た、高い・・・!

でもでも、絵本って1冊800~1000円以上するものもありますよね。しかもすぐ読み終わってしまう^^;

それに比べて、図鑑はお高い!と感じることもありますが、これだけ情報が入っていて、楽しみながら様々な知識が得られると思うと、コスパ抜群!!!!

※ただ、我が子はこのふしぎの図鑑がお気に入りだっただけのようで・・・

同じシリーズで「せいかつの図鑑」というものがあります。

こちらも図書館で取扱がありましたので借りてきましたが。反応悪し。「もう返していいよ!でもふしぎの図鑑は返さないでね!」と言われてしまう私(笑)

ふしぎの図鑑にはチラッと伝記もある

我が子が今月ハマっているふしぎの図鑑には、ほんの少しですが伝記が入っています。これが「我が子が伝記を読むようになったきっかけ」です。

その中の「ナイチンゲール」を何度も読む我が子・・・

日本神話や伝記は、今後も読み聞かせとして我が子と読んでいきたい絵本ではあるのですが、日本神話で失敗している私は、伝記になかなか手を出せずにいました。

日本神話で失敗した話はこちら↓
>>5歳の娘と読書を楽しむ!3月に読んだ絵本はこれ&おすすめ絵本も紹介

ナイチンゲールは昔いたんだよ!というと、へぇ~と気になるご様子。

これはチャンス!と思い、書店で読みやすそうな伝記を買ってきました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

10分で読める伝記(1年生) [ 塩谷京子 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2017/5/26時点)

このくらいの読みやすさと文字量なら読んでしまう我が子。

・野口英世
・ライト兄弟

も読んでいて面白かった!と言っていました。

きっかけは思わぬところに転がっていますね。

野口英世さんは1000円札にもいる!

「ママ~、野口英世さんはお医者さんなんだね!」と、読んだ感想を少しだけ聞かせてくれる我が子。

「ママのお財布の中にも、野口さんいるんだよ~~^^」と教えてあげると、大変興味津々。

1000円札を触らせてあげて、「ここ!」というと、「本と同じ顔をしてる~~!」とびっくりしていました。

100円玉などの小銭は触る機会があるものの、お札ってなかなか触れませんよね(というか、私が触らせません^^;)

お札を透かすと、またまた野口さんがいることを教えてあげました。こういうのは子どもの反応がよくて私も嬉しい!

今度5000円札と10000円札も触らせてあげて、どんな人がお札になっているのか?を教えてあげたいと思います。

まとめ

今月は冊数はたくさん読めていないものの、我が子が図鑑を読めるようになったのは大変成長を感じました。

ただ、図鑑と巡り会えたのも、今まで沢山本を読んできたからこそ!我が子、すごい!^^

今後も読書週間は続けていきたいです~!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする