全国統一小学生テスト 小学3年生 2020年6月28日の実際の点数と順位

こんにちは、管理人リリーです。

今は9月!だいぶ遅くなってしまいましたが、3ヶ月前の全国統一小学生テストについてまとめておきます。テストを受けた方々、お疲れ様でした。

スポンサードリンク

全国統一小学生テスト 小学3年生 2020年6月28日の実際の点数と順位

算数:132点/150点満点中 偏差値68.9
国語:138点/150点満点中 偏差値63.5

2教科:270点/300点満点中 偏差値67.9

全国の順位は今回2教科で206位。

自己採点結果と変わらなかったと記憶しています。(曖昧ですみません)テスト慣れもしてきて、今回初めてのマークシートとはいえ、特に問題なく受けることができたようです。

とはいえ、頑張ったね~と褒めつつも、算数と国語、どちらもツッコミどころ満載でした・・・

毎回のことですが、割と正答率の高い問題を落としてきてしまう娘。あの時間であの問題数を解くのはとても大変とは思うのですが、これは合っててほしかった!という問題が多いのです。

我が家は小学1年生から毎回このテストを受けています。小学3~6年生の上位50位は全国大会に出場することができます。(※今回6月の全統小では、コロナの影響で決勝大会は惜しくも中止となりました。)

存在を知ったときから憧れている我が家。一度はご縁があったらな~なんて親子で夢見ていて・・・

ですが、この上位50位のハードルが半端なく高いことに親子で気づきます(今更)。

スポンサードリンク

ミスなく、そして満点近い点数を取る必要があります。今回の娘のテストで言うと、あと3問は正解でないと決勝に行くことは出来なかったようです。たった3問、されど3問。

スピーディに、かつ見直しもできる。ある程度の問題を処理する能力はあるとは思うのですが、「ミスなく」というのが娘にとって本当に難しい・・・

娘も普段からコツコツと頑張っているとは思っているのですが、それでも上位50位には橋にも棒にもかかりません。どんな子達が50位なんでしょう~。

きっと51位~500位くらいの子たちは「もしかしたら次は決勝行けるんじゃないか」って思ってるんじゃないかな。だってあと数問合っていれば決勝大会に行ける!と思うから。

次のテストは11月。もう四谷大塚のHPでも受付が始まっていますね!

今回のテストで娘が間違えたのは

●漢字、しかも1年生の漢字・・・

本人曰く、知らなかったそうです。悔しがってましたね。

特に漢字は配点が高く、ここはミスなくいきたいところです。

ちなみに漢字は学校の宿題で毎日やっているのと、10月の漢検に向けて少し過去問に手を出しています。

●空間図形

我が家、小さい頃から「空間図形が苦手にならないように」気をつけてきた、つもりです。

関連記事>>幼児におすすめ 勉強につながる図形遊び!空間認識能力を養うポイントとは

ですが、小学3年生の娘は毎回躓いてしまうところみたいです。苦手意識は持たせたくないし、ここはひらめき力でサクッと解いてほしいところ。

今回のの空間図形に関しては、そこまで難関な問題でもありませんでした。基礎からの復習が足りてないのかなと思っています。

今月来月はここを強化すべし!かな。

関連記事>>2020年9月〜10月、普段の学習+αで強化したいのは

最後に

書いておくと記録として残るし、色々見返してから気づくこともあります。

特に四谷大塚の全国統一小学生テストはデータもしっかり残せるので、私もよく自分で書いた記事を何度も読んでいます(笑)

2020年6月の全国統一小学生テストはコロナの影響で決勝大会が中止になってしまいました。

11月はどうかな!?やはり全国から人を集めるのはなかなか難しいですかね~。決勝を夢見て&楽しみにしている子も沢山いるはずですので、コロナが落ち着いたらぜひ開催して頂きたいです。

>>全国統一小学生テストの記事一覧はこちらをクリック

スポンサードリンク