図書館 我が家の使い方。毎月80冊以上借りています

こんにちは、管理人リリーです。

普段図書館って行きますか?我が家は毎週図書館に通っています。私も夫もよく本を読みますし、我が子も毎日本を読む習慣がついてきました。

今日はそんな大量に借りている我が家の図書館活用方法について、詳しくお伝えしていきますね。

図書館で我が家の活用方法。毎月80冊以上借りています

まず区や市によって異なりますが、我が家が住んでいる市の図書館では、1人10冊借りることができます。

もちろん家族それぞれ借りることができますので、4人家族の我が家は全部で40冊!借りることができるんです。

土日もバタバタお出かけで大変忙しいので、あまり図書館に長く滞在することはないのですが・・・(特に出産してからはなかなか長時間行きづらい場所になってしまいました)我が子が好きそうな本を1度に必ず20~30冊借りるようにしています。

このくらいの冊数の貸し借りは、夫がいないと無理ですね。昔5~10冊を借りるレベルなら私だけでも図書館に出向くことはできたのですが、、、20~30冊はかなり重いんです。

我が家が利用している図書館は、ネットでも予約ができます。これが本当に便利で、あの膨大な本棚から狙って絵本や本を探さなくてもいいんです。

図書館に行くときの流れはこんな感じです。

①平日に読みたい本、我が子が読んでくれそうな本を探して、ネットで予約しておく
我が子が「これ借りてほしい!」というときもありますが、基本的には私が選んで予約しておきます。

借りても我が子が手を付けない本ももちろんありますが、読み漁るような本を選べた時には私がガッツポーズしちゃいますね(笑)

②夫に車を出してもらう

20~30冊をトートバッグに詰めて、図書館に向かいます。

③本を返す、我が子は子供コーナーへダッシュで向かう
20~30冊もあるので、返す時ちょっと時間がかかります。(とはいえど、図書の方に本を渡すだけなのですが)

我が子が図書館に行くと、とりあえず子供コーナーへ。勝手に本を選んで、椅子に座って読んでいます。

④予約していた本を受け取る&借りたい本を借りる
予約していた本はもうすでに準備されているので、それを受付で受け取るだけ。本当に楽ちんです。

私たちが活用している図書館は、あまり今っぽい本が少ないんです。おしりたんていやかいけつゾロリは1冊もありません。逆に有名どころの絵本はそろっているんですけれどね。

そこで、図書館にないものはリクエストをすることにしています。

⑤リクエストをする
どの図書館にもリクエストはできるのでしょうか?和たちが活用している図書館では、図書館内にない本でもリクエストして、他の図書館から借りることができます。

今までたくさんの本を色んな図書館からお借りしてきました。

我が子が好きなおしりたんていをはじめ、ルルとララシリーズ、魔女商会シリーズ・・・

ちゃおノベルズを取り扱っている図書館もあって、ちゃお好きの我が子は、前にちゃおノベルズをリクエスト。少し時間はかかりましたが、取り寄せていただきました。

ここまで図書館に大変お世話になっている家族もあまりいないのではないでしょうか・・・。いつも図書館の皆さま、ありがとうございます!

どんな本をチョイスすべきなのか?

私が我が子にと思い借りている本の選び方を紹介します。

①くもんのすいせん図書

私が尊敬している佐藤亮子さんもすすめていましたが、「くもんのすいせん図書」をまず活用してみてください。

>>くもんのすいせん図書: 読書と読み聞かせのすすめ | 公文教育研究会

昔から世の子供たちに読まれてきたたくさんの本が紹介されています。

ただ、すいせん図書は0歳児~中学以上と様々な年齢へ向けて紹介されているので、小学校低学年は全部読める本ではありません。

我が子も、小さいころから活用してきましたが、D~F(高学年向け)、G~I (中学以上)にはまだ手を付けていません。

さらなる冊数を借りたいならば・・・

②図書館のおすすめリストを活用する

図書館に行くと、おすすめリストがあると思います。我が家が活用している図書館では、幼児向けの図書100選というリストがあります。

もちろん図書館のリストなので、全部図書館にある本で構成されているのも嬉しいポイント。

③ランキングをチェック

今時・流行っている本を調べるなら、ランキングをチェックするのが一番です。

>>絵本デイリーランキングを見る【楽天】

最近かこさとしさんが亡くなったからか、「からすのパンやさん」がランキング1位になっていました。(6/7現在)

王道の絵本も並んでいますが、売り上げを伸ばしている絵本・本も載っていますのでぜひチェックしてみてくださいね。

④子供にインタビューしてみる

子供の本の好みは把握していますか?

我が子の好みはこんな感じです。

・スイーツの本
・ちょっとお下品なのはウケがいい
・怖い絵や怖い話はダメ
・メルヘンチックなお話が好き

基本的には我が子の好みに合わせた本を選びます。たまに「これ読んでみなよ!」という本も借りてみますが、あまり無理にすすめることはしないようにしています。

「バムケロ読みたい~」と言われれば、借りてきますし↓

「学校にね、ねずみくんのチョッキがあったんだ~」と言われれば、関連本をどっさりと借りてきますし↓

「魔法商会もっと読みたい~~!」と言われたので、これまたたくさん・・・↓

普段の会話でよく本の話をするからか、借りる本のネタにはあまり困ったことがありません。

最後に

私も夫もよく本を読むので、我が子にも本は好きになってほしいな~と思いながら子育てしてきました。

今のところ、読書が好きに育ってくれました。本は心も豊かにしてくれます。でも全部買うわけにもいきませんよね。図書館を大いに利用して親子で楽しみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする