ハロウィンパーティー 子供会ゲームは何する?一足先に楽しんできました!

こんにちは、管理人リリーです。

子供たちが楽しめるイベントとして、幼稚園年中のときにハロウィンパーティーを行いました。これがとっても好評で!今年もお友達とハロウィンパーティーを楽しんできました。

ハロウィンパーティーをしたいんだけど、どんなことしてるの?と気になってる方向けに、今回は私がいつも企画しているハロウィンパーティーについてお伝えいたしますね。

ハロウィンパーティー 子供会ゲームは何する?一足先に楽しんできました!

ハロウィンのときはこんなゲームをやっています。

①トリックアトリート お菓子交換

↑これはゲームというかちょっと怪しいラインですが(笑)

親たちが事前に飴やお菓子を用意しておきます。子供たちに「トリックアトリート!」と各自言ってもらいます。

親たちは「ハッピーハロウィン♪」と言って、用意してきたお菓子を渡します。

人数が多ければ多いほど、色んなお菓子を手にすることができます。我が子はこのゲームが大好きで、今回もご満悦でした。

お菓子沢山の詰め合わせ!にする必要はありません。できれば値段も決めておいたほうがいいかもしれませんね^^

今回は皆個包装してきてくれました。こんな感じです。

我が子がある程度食べちゃったので少し減りましたが、、、これでもすごい量ですよね。しばらくはお菓子に困りません。

②ハロウィン仮装

↑こちらもゲーム?とは言えませんが、、、女の子が多い場合は特におすすめです。

皆が持っている仮装グッズにお着替えして、ハロウィンパーティーを楽しみます。

女の子だと、ディズニープリンセスのドレスや、プリキュアの衣装を持ってる子がいます。

今回のメンバーの女の子たちは本当に色んな衣装を持っていて!お部屋が華やかになりましたよ~!

・シンデレラのドレス
・アナ、エルサのドレス
・魔女のマント
・プリキュアの衣装

などなど。ハロウィンのいいところはジャンルが関係ないところですね。何でもあり!なので、気軽にできちゃいます。

また、男の子だとあまり持っていない子が多いです。(衣装に興味ない子もいます(笑))

衣装を持ってない子には用意してもらうと結構な負担になってしまうので・・・「持ってこなくても大丈夫ですよ!」ときちんとお伝えできるのが一番よいと思います。

持ってこれる方は数着持ってきてもらって、それを着てもらうのもアリ!

それか、今は100均でもハロウィンシーズンになると様々な仮装グッズがお手ごろ価格で手に入ります。

帽子やちょっとした小物を皆で用意しておくと、写真撮影も盛り上がります。

ちなみに我が子は今年家族で「天使の羽」を作り、身につけて行きました。

可愛かった~(親バカですみません)

天使の羽はこちらのサイトで作り方が載っています>>天使の羽の作り方。ハロウィン仮装で目立つなら押さえておきたいチャームポイントとは? | ハピハロ!

③「アップルボビング(Apple Bobbing)」

昔、我が子と行っていた英語教室でやったことのあるハロウィンゲームもご紹介します。

大きなバケツに水を入れ、そこにりんごを沢山入れておきます。

子供たちに「手を使わずに取ってみてね!」と伝えます。・・・取るには歯でかじるしかありません!(笑)

少し水に濡れる心配がありますので、タオルも用意しておきましょう。

かじったりんごはお持ち帰りしてもよし、その場で食べてもよし。子供向けにやるならば、小ぶりのりんごがおすすめですよ。

参考にした記事はこちら>>今年からはハロウィンにりんごは欠かせない!?盛り上がるゲームにも注目 | ハピハロ!

最後に

今年も仲の良いお友達8人ほどで集まることができました。

普段習い事で忙しい子たちばかりなので、早め早めの2ヶ月くらい前から予定を抑えてもらっていました。

自宅ではさすがにこの人数は集まれないので、近くの広いお部屋を借りることに。

私は普段ご相談させていただいている保険屋さんが、この10月期間限定で「2時間貸し切り状態」にしてくれます。

広さもあるし、飲み物やお菓子も出してくれるので、いつも大変助かっています・・・!

こういった無料のイベントスペースはなかなか難しいかもしれませんが、市が運営している施設ですと割とお安い料金で部屋を貸してくれるサービスがあります。

皆が集まりやすい場所に施設がありましたら、ぜひ活用してみてくださいね。

おもちゃがなくても、子供たちは皆がいればワイワイと楽しめますよ♪

ハロウィンパーティー、最初は「何すればいいの?」と分からなかった私。

ですが、とりあえず集まれば皆で楽しめます~!!

しっかりしたゲームをやらなくても、仮装した子供たちはそれだけで大盛り上がり。

ハロウィンパーティーをやったことがない方、今年こそトライしてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする