出産時の入院 あってよかったもの5選!9日間の入院、これで乗り切りました

こんにちは、管理人リリーです。

家族が増えました。先月、無事男の子を出産しました。

出産に伴い、入院はなんと9日間!(帝王切開なので、普通分娩より長めです)そんな入院中にあってよかったものを紹介していきます!

スポンサードリンク

出産時の入院 あってよかったもの5選!

①産後用のブラジャー

これはぜひ購入しておく&入院時に持ち込むことをおすすめします。

産後、どのくらいお胸のサイズが変わるのかわからない~!っていう方もいらっしゃるとは思いますが、そこは1~2サイズ大きくなると思っておいて間違いないでしょう。

出産の入院ということもあって、病院には多くのお見舞いの方がいらっしゃいます。老若男女問わず、です。

基本的には部屋の中で過ごすことも多いのですが、一歩部屋の外に出たら面会時間外でも誰かしら歩いています。

私が出産した産院では、面会時間は13~20時と決まっていました。が、出産当日は付き添いの家族であれば、面会時間外でも病院にいることが可能でした。

病院の中ではネグリジェを着て過ごしていた私は、ノーブラでふらふら廊下に出ることはできませんでした^^;

やはり女性として恥ずかしいという気持ちが大きかったです。また産後は母乳がどんどん出るタイプだったので、お胸から知らない間に母乳がしみ出ていることも。ブラジャーをしているとネグリジェが濡れる心配もないですよ~!

②授乳クッション

病院で必須アイテムとして貸し出していた「授乳クッション」新生児は特に小さいので、抱っこしながら飲ませるのはとてもキツイです。

授乳クッションがあればこんな悩みとはおさらばです~。赤ちゃんに簡単に授乳することができますよ。

もし出産する病院で取り扱いがなければ、購入して持ち込むことをおすすめします。

※我が家も必須アイテムと思いましたので、退院時に夫にまず購入してきてもらいました。ありがとう夫!

③新生児用のオムツ

娘の頃から愛用しているパンパース。新生児サイズを事前に購入しておきました。

私が入院していた病院では、パンパースの小さいパックをもらうことができます。そのパックを使い切ったら、あとは自分で用意してくださいね、とのことでした。(病院で購入も可能でした)

私の入院は9日間。新生児はおむつ交換が本当に多いので、パンパースの小さいパックはあっという間に使い切ってしまいました。

パンパースの新生児用オムツは5kgまで使うことができます。沢山買いすぎちゃうとサイズアウトしたときに余っちゃう!?と思う方も多いかもしれませんが、新生児はおしっこやうんちが多い子だと1日10回!つまり、10枚のオムツが必要なんです。

パンパース新生児用オムツ66枚なら1週間持たない、ということです。あっという間に次のパックへ、ということになりますね。


スポンサードリンク

④保温の効く水筒&様々な飲み物の粉末

6年前、娘を産んだときは母乳の出が最初から良くて!「時代が時代なら乳母になれるよ~!」と助産師さんたちに褒められていた私・管理人リリー。

今回はなぜかスタートの出が大変悪く、「沢山水分取ってね!できれば温かい飲み物やスープがいいよ!」と助産師さんにアドバイス頂きました。

ということで、ガブガブお茶や白湯を飲んでいました。最初は温かいペットボトルを買って飲んでいたのですが、あっという間になくなるし、冷めるし・・・。ということで、夫に急遽持ってきてもらったのがいつも愛用しているサーモスの水筒。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サーモス 真空断熱ケータイマグ 350mL JNO-351
価格:2180円(税込、送料無料) (2018/3/2時点)

部屋にポットがあったので、熱いお湯を入れて、沢山の飲み物を飲んでいました。

その甲斐あってか、退院時には大変出が良くなってくれた私の体。良かった良かった!

⑤むくみ防止の靴下

帝王切開だと次の日はほぼ動けません。今回私も下半身になかなか力を入れることができず、入院2日目の朝までなかなか動くことができませんでした。

私は「レッグサイエンス」というGUNZEのキツめの靴下を、手術前に着用するように、と言われました。

血栓防止のために履く必要がある、と説明を受けたのですが、手術後に点滴を打つ時も「履いていた方がむくみ防止になるよ!」と言われたので、そのまま履き続けていました。

帝王切開でなくても、入院中は点滴をする方も多いと思います。ぜひむくみ防止用の靴下を入院前に用意しておいてくださいね。

まとめ

今回入院は長かったのですが、母子ともに問題なく退院することができました。

無事出産した後は、体力回復に努めるべし!ぜひ快適な入院生活をお過ごしくださいね^^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする