子供 お年玉の使い道は?我が子、とうとうゆうちょ貯金デビュー!

こんにちは、管理人リリーです。

お正月ムードも完全になくなりまして、夫も我が子も管理人リリーも通常生活に戻りました。いや~、12月1月は本当にお金を使う場面が多いですね!

さて、我が子も今現在6歳。今までお年玉をもらってもプリキュアのおもちゃをそのまま購入したり、お金そのものではなくおもちゃを頂くことも多かったり。お年玉の使い道を考えたことがありませんでした。

・・・ですが今回のお正月では今までとはだいぶ異なる金額を頂いてしまいまして。ちょっと夫と「どうしようかねぇ」と話し合ってみましたよ。

今日はそんな子供のお年玉の使い道についてお話します。

子供 お年玉の使い道は?我が子、とうとうゆうちょ貯金デビュー!

我が子が今回もらったお年玉の総額は「1万4千円」

普段1回10円のお手伝いを積極的にしている我が子にとっては、超大金!

普段手にしない、目にしない5000円札をもらったときに「この人だあれ?」と樋口一葉さんが分かりませんでした^^;

※ちなみに1000円札の野口英世さんは知っています。

関連記事>>日々の読書で思わぬ出会い!我が子が伝記を読むようになったきっかけ

以前のようにプリキュアのおもちゃ欲しい~!など、あまり物欲がなくなってきた我が子。(まぁクリスマス後ということもあって、目新しいおもちゃが手元にあった、ということもあります。)

お年玉はやっぱり特別だし、「○○買ったよ~!」とお年玉をもらった人に報告することも大切だなぁと思うのですが。今回のお年玉の使いみちは、「新しく子供用の口座を作って貯金しておこう!」と、夫婦で意見が合致しました。

子供のお年玉用 貯金通帳を作ってみた

我が子の初めての貯金通帳として今回口座開設したのは、「ゆうちょ銀行」

本人確認は保険証と母子手帳で大丈夫でした。

また、使った銀行印は私達夫婦が使っている銀行印と一緒にしました。子供用に銀行印を作ってもよかったな、と今更ながら思います。

今回の通帳は、私達親の名前ではなく、我が子の名で開設しました。

我が子の名で開設した理由は、お年玉はやっぱり子供のものとしたいから、です。

これから生きていく上で絶対必要になるお金。子供の学費はもちろん私達が別に貯めていきますので、ここの口座に入れるのは「我が子がいざとなって使えるお金」という位置づけにしたいと思っています。

・どうしても欲しいモノがある時
・車の免許が取りたい時
・引越し資金、結婚資金として

など、どんな年齢・そしてタイミングでもお金は必要です。

「このお金は○○ちゃんがどうしても使いたい!ってときに使おうね」と我が子にきちんと伝えています。

もちろんもらったお年玉を銀行ATMに入れるのは我が子の役目。どのくらい入れて、今全部でどのくらい入っているのか?も毎度通帳を見て確認してもらいます。

我が子専用の貯金通帳を作ることで、「お金の使い方」「お金の扱い方」など、様々なことを教えていけたらいいな~。

まとめ

今後生きていく上で色々なお祝いを頂くことでしょう。もちろんお金だけではなく、おもちゃや食べ物を頂くこともあるでしょう。

親としてありがたく感謝するとともに、「○○ちゃんが毎日元気でいい子にしているからこそ頂けるんだよ。きちんとお礼を言おうね」と私や夫から伝えていかねばなりませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする